スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は…

2012年08月18日 01:42

父方のおじいちゃんの命日でした。

私達が高校生の頃、まだまだ若かった(73歳)のに胃癌を患い、末期だったようでモルヒネによる治療になり…。

眠るように亡くなりました。

最期を悟っていたのか、家の中もきちんと片づけて、宗教にも熱心で(怪しいものではないです)、堅実、真面目できちっとした、立派な立派な人でした。

真面目で堅い印象だったのに(うちの弟が長男の為)、うちの弟を人が変わったように可愛がっていて、亡くなる前も弟のことを心配していました。

私が人の『死』を見たのは、おじいちゃんの時が初めてでした。

私達が30歳になった今、もしおじいちゃんが生きていたら…。

もっとおじいちゃんがどんな風に生きてきたのか、おじいちゃんの話を聞きたかったし、色々話せただろうなと思います。

おばあちゃんはアルツハイマーと診断されましたが、いつ行っても双子の私達の見分けもついて名前も覚えていて、意外としっかりしています(^-^)


そのおばあちゃんちに、昨日は行ってきました!

うちの家族も色々あり、父方の親族とは疎遠になってしまったものの…。

父がここ数年、母と私達双子、父と姉と弟がそれぞれ誕生日が近いので、誕生日にご飯を食べに行こうと誘ってくるようになり、また親交が再開しました。

年末や年始に顔を出すようにもなりましたし☆

昨日は、父の3人の姉妹ももちろん集まっていて、おばあちゃんちに着くと、一番上のおばさん(父の姉)と、おばさんの彼氏、うちの長女が庭の手入れをしてましたΣ( ̄□ ̄)!

うちの姉はそんなのやったことないはずなのに…(^-^;

おじいちゃんの部屋のお仏壇に軽く読経と合掌して、久々に会うおばさん、おばあちゃんとお喋り(^-^)

一番上の父の姉(以降ヨウコおばさん)は札幌近郊に住んでいて、おじいちゃんの遺伝?なのか乳ガンを患い、現在も治療に通院中…。

元気で声がおっきくて、情に厚く感情豊かで家族思いで、働き者のおばさんです。

そのヨウコおばさんの家の庭を撮ったビデオを見せてくれたりして、気を使わせるから早めに帰ろうと言っていたのが3時間も居座ってしまいました(;゜O゜)

ヨウコおばさんちでとれたスイカや茹でトウキビなどを頂いたりして^_^;

スイカなんて何年も食べてなかったなぁ…。

おばさんちの庭は、すっごい広くて、四季折々の花がたくさん植えてあって、ブルーベリーの樹もあって…ツルバラ(と、言っていた気がする)のアーチもあって、烏骨鶏や比内地鶏も飼っていたり。

そういえば初めて私達が犬を家に迎え入れたのも、おばさん経由で牧場のラブラドールのサムちゃんをもらったからでした☆

以前の、何年も前のいざこざが嘘みたいに色々話しました。

ヨウコおばさんは札幌近郊から彼氏と車で来ていた為、ビデオを見終わったら車で帰るとのことで。

帰り際、

『色々あったけどまた仲良くしてこう。暇あったらいつでもうちに来なさい!お父さんのことよろしくね!』

と、目頭熱くして言ってくれてすっごく嬉しかった°・(ノД`)・°・

本当に今度、おばさんちに遊びに行きたいなぁ(^-^)

ブルーベリーの挿し木もらいに(笑)


上から二番目の父の姉は、色々事情があって書ける内容ではないので省きますが…。

昔と変わらずスマートだし、うちの姉曰く、

『昔は結構ガミガミ口うるさいと思ったけど、今日はニコニコしてたよね。』

とのこと…。

スイカを切ってくれたり、食べ終わったらもっと食べな!と切ってくれたり(笑)

今日は世話焼き係りでした(笑)

父の妹のおばさんは、昔と本当に見た目も変わらない気がする一番スマートな体型のさっぱりして明るく話しやすいおばさんで…。

今はおばあちゃんちに住んでるのかな?

たまに行くといつもいるけど…。

昔は私達も子供で、私達目線でしか物を考えられなかったけど…。

人との繋がりや、ましてや血のつながった人達との繋がりって大事であったかいなぁと思いました。

昔色々あっても、こうやって修復して何もなかったようにできるのも、血の繋がりがあるからなのかな?

昔は子供で、反抗したりしかできなかったけど、今はこれからも家族や親族を大事にしたいな、と心から思いました。

あんなに立派なおじいちゃんの子供なんだから、みんな悪い人なわけないし!!(笑)

お父さんも、昔より笑ってることが増えたもんな。

むか~し、家族でラブラドールのサムちゃんも連れてキャンプに行った時、いびきかいて口開けて寝てて、ふと目を覚ましたらお父さんが嬉しそうな目で見てたっけな。

失業して離婚した当時、単身新潟に行った父。

そこで…子供たちに会いたいと泣いていたって聞いた時はびっくりしたな(^_^;)

でも、そこまで家族を愛してくれていたことを、気づいてやれなかったな。

少し大人になった今ならわかるかなぁ…。

だから、これからはもっと自分達から感謝とか示して行かないとな、って心底思います、今は。

時が解決してくれたのか、それとももっと早く気付けたことだったのか…。

どっちにしても、人との繋がりを実感できて、心がほわっとあったかくなった1日でした☆

おじいちゃんありがとう(^-^)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://blackamber3whitetown.blog57.fc2.com/tb.php/434-0e4c0b8b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。