スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し切なかった話し。

2011年09月20日 18:42

ここ最近、ちょっと気になっていた事…。

それは…JR北海道の社長失踪、の事でした。

全然知らない人だし、JRなんてほとんど利用しないけど(・_・;)

なんというか…。

私個人の意見としては…

1、あの何ヶ月か前の火災事件にしても、大変な事故ではあったけど死者も出なかったし、きちんと緊急災害時の指導をこれからします、って事で済んだ話なんじゃないのかなぁとか。

2、その後に起こった運転士さんの居眠りとか信号機トラブルとか…。
揚げ足取りみたいな感じで、些細なことを面白半分にワイドショーでまくしたててて…。

どうなのかなぁ…と思ったりしてました。

人の命を預かる職業で、居眠りしたりしてるのは運転士の責任。

プライベートでどんな生活してんだか、とか、前の日呑みすぎてたんじゃないの~?とか思ってしまう。

火災が起きた時も、乗客を率先して避難させなかった、とか、それは会社の方針としてどうなのかとは思う…。

でも、会社や責任をほっぽり出して、今死んでしまう事。

戦線を離脱することをお詫びします、って…。

どんだけの心労だったのか想像もつきませんが…。

死ぬ覚悟があったなら、この問題を死ぬ気で改善しようとする姿勢を見せて欲しかった、と思います。

あの社長に全ての責任がある訳じゃない。

社長にも責任はあるけど、結局は部下をきちんと纏めていない上司もいるだろうし、会社の方針なんてクソ喰らえ!の社員もいたでしょうに…。

『死』を選んで欲しくなかったなぁ…という思いです。

1人の人間として。

みんな、辛い事一杯、幸せなんてちょこっとで生きてるのに…。

死を選ぶほど追い詰められてたんだなぁ…と思うとすごく切ない。

失踪した後、海岸で靴やら車が見つかっても、『結局死ねなくて戻ってきた』っていいのに、とさえ思ってました。

責任を背負って死を選んでしまったのにも、追い詰められた背景にも何が合ったのかなんて知りませんが、マスコミの書き立て過ぎ、これから社を挙げて改善を図ろうとしてるのにバッシングやあらさがし。

そういうのってどうなのかしらと思ったりします。

あの社長を自殺に至るまで追い詰めたのは、なんだったんだろう…。

私だって死にたいと思った事は何度もあるけど…。

遺される家族や旦那さん、愛犬を思って、何よりも今苦しくてもこれからは良い事もあるかもしれない、それならまだ楽しい思いをいっぱいしたい、家族や旦那さんや愛犬みんなともっと未来を生きたい、という思いでいたのに。

あの社長には、遺される家族がいても、そう思って踏みとどまる事が出来なくてこういう結果になってしまったのかな。

死んだら全て終わり。

嫌な事を乗り越えて、忘れた頃には笑い話になってる事だってあるのに…。
(今回はそういう話じゃないかな…(-_-;))

全然知らない人に、ちょっと、切ない思いをした、というお話でした。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://blackamber3whitetown.blog57.fc2.com/tb.php/397-72436cf5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。